味噌づくり教室開催

2月22日、23日の2日間、味噌づくり教室を開催しました。
いなほ農園の無施肥無農薬米でつくった米糀と有機栽培の大豆に自然塩を使用。
冬から春、夏、秋と一年間じっくりと熟成して美味しい味噌に仕上がります。

冬から春へ

柿の剪定が終わった
庭の福寿草が満開になった
もう冬も終わりだな
毎年この時期、柿と福寿草に、気持ちを冬モードから春モードに切り替えてもらっている
そろそろ田んぼの仕事を始めようかな

今年も頑張ろう

一年の始まりはやっぱりこの景色
山があって、田んぼがあって、空があって
今年はどんな恵みを与えてくれるのだろう

いなほ農園の田んぼの近くの景色です。

干し柿の販売と年内の営業のお知らせ

干柿の販売を開始しました。
農薬や肥料を使用しないで栽培した柿を、硫黄燻蒸せずに自然乾燥させた干し柿です。
甘みがしっかりとして柔らかく仕上がっています。
お正月のお茶うけにもぜひどうぞ。
1袋(11個入り) 850円(税込)

◎人と農の交差店いなほの営業日は、木・金・土曜日 14:00~18:30 です。
年内は、30日(土)まで営業いたします。

光風にのって

2023年も、もう12月
今年は新たな出会いがたくさんあった年でした。
自分が育てた米で日本酒をつくりたい、そんな願いが実現し5月に「光風」が誕生しました。
同じ町内で有機栽培の米作りに取り組んでいる方が栽培した、農薬・肥料不使用のお米と50%ずつ使い、地元の酒蔵に仕込んでいただきました。
日本酒は、お祭りごとやお祝い事、出会いや旅立ちのとき、人生のいろんな場面でいつも登場します。
人や自然に優しい永続可能な農業を広めていきたい、そんな思いも一緒に仕込んだ「光風」が、新たな出会いをいっぱい運んできてくれました。

農薬・肥料不使用の普段ご飯として食べている品種のお米を全量使用(ササニシキ50%、コシヒカリ50%)、 お米の旨味をまるごと生かすため精米歩合は90%、副原料は一切使用しない純米無濾過原酒です。

素敵な文字との出会い

長野県阿智村で開催された「こまんばマルシェ」で素敵な文字に出会いました。
一緒に出店されていたArt Shodo の きょし さんに書いていただきました。
この文字を見た瞬間、なんとなく心が躍るような気がしました。
この文字をいろんな場面で使っていきたいです。

マルシェに出店します

11月25日(土)に長野県松川町の市場の森で開催される「風の谷マルシェ」に出店します。
「市場」は、江戸時代から続く古民家で、その敷地には森や野原などの自然がいっぱいです。
未来を担う子供たちに、安心・安全な環境や食材を提供したいという思いのもとに開催されるマルシェで、人と農の交差店いなほ は、無農薬無肥料のお米で栽培した甘酒を提供させて頂きます。
焼き芋体験や石鹼づくりなどのワークショップも開催されます。
ご家族でぜひお出かけください。

稲刈をしました

10月7,8,12,13日の4日間、稲刈りをしました。
家の近くの田んぼはササニシキ、少し離れたところの田んぼは風さやかを作っています。
ササニシキの田んぼは、無施肥無農薬の栽培を始めて7年目、風さやかは5年目です。
家族でお米作りができる幸せを、稲刈の時期にいつも感じています。

アルプス乙女が実りました

6年前に植えたアルプス乙女
苗木はホームセンターから買ってきたのですが、植えてからは農薬や肥料を全く使わずに育てました。
植えてから3年目から数個実が付きだし、今年は50個位実りました。

アルプス乙女の向こうの田んぼでは、10月7日、8日に稲刈りをしました。

いよいよ実りの秋

まだまだ暑い日が続いていますが、朝夕はだいぶ涼しくなりやっと秋がすぐそこに来ているという感じです。
いなほの田んぼの稲刈りは、10月の中旬ごろにする予定です。
秋風や朝夕の涼しい空気の中で登熟がすすみ、さらに美味しくなっていくと思い、毎年10~11月に稲刈りをしています。
今年はクログアイという草が多く生えてしまいました。
クログアイは球根で増える草で、生命力が強く無農薬では減らすのが難しいと言われています。
かなり困った草ではありますが、もしかしたら、長い目で見れば田んぼや稲にとって何か良い働きをしていてくれるのかもしれません。
困った、なんとか退治しなければと考えるのではなく、クログアイが生えてこなくても良いような田んぼにしていくにはどうしたら良いかと考えていきたいと思います。
草は敵ではなく、仲間だと考えたいと思います。

緑色っぽいところはクログアイが特に多いところです。ここはクログアイの勢いに押されてか、稲の穂の数が少ないです。

この田んぼは家の近くの田んぼです。ここはクログアイがほとんど無く、しっかりと穂が付いています。このお米は、いなほのオリジナル日本酒「光風」の原料としても使用するササニシキです。